2009年05月03日

[Diary]金沢加賀紀行2日目。

GWな金沢加賀3泊4日の旅。2日目。

ホテルで朝食を採った後、チェックアウト。

さっそく今回の目玉である兼六園と金沢城の2大観光地へ向かう。
兼六園はさすがに広大で見所のあるポイント。さすがに特別名勝は伊達じゃない。敷地内にある重文「成巽閣」も立派。
金沢城公園ではお菓子関係のイベントが行われていたが、これには目もくれず敷地内の3点の重文を漏れなく見学。イベント中ということで無料公開されていたのはラッキー。
しかし、どこもかしこも人人人・・・さすがは観光地。中国系韓国系の観光客も多く、そこかしこで理解できない会話が繰り広げられている。
たっぷり時間をかけて見物したものの、とりあえず人の多さに辟易。

昼食には、金沢のB級グルメとしてガイドブックに紹介されている「ハントンライス」を。
混雑を予想して昼食時を外して行ったものの、30分程度並んで待つことに。ここでも並んでいる人はガイドブックを持っている。
ガイドブックなどには金沢を代表する〜と言うようなニュアンスで紹介されているが、金沢ならどこでも食べられると言うようなメニューではないようで観光客用の食べ物のようだ。

遅い昼食の後は、石川県立歴史博物館へ。
博物館自体も旧陸軍の兵器廠ということで、レンガ造りの堂々たる構え。石川県の歴史をひととおり堪能。もう少し江戸期や九谷焼の部分が濃ければよかったのだけど。その点はちょっと残念。

人当たりでぐったりした結果、早めにホテルに引き上げることに。
2泊目の宿は郊外の高台にあるホテルへ。ここでも中国系韓国系の客が多かったが、ペラペラと中国語で応対するホテルマンに好印象。さすがさすが。
昼食が遅かったため、ちょっと遅めに軽く食事を取って就寝。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。