2009年05月04日

[Diary]金沢加賀紀行3日目。

GWな金沢加賀3泊4日の旅。3日目。

旅行も折り返しの3日目。
郊外のホテルを出て、東茶屋町、主計町、武蔵町を散策。
茶屋町の風情を眺めつつ、重文の茶屋「志摩」を見学したりする。
粋を至上とした町人文化には、なるほどとうならされる点もしばしば。よく古い街を「小京都」などと呼ぶが、この界隈は「小江戸」とでも呼ぶべき様相か。こう言うと金沢の人に怒られてしまいそうだけど。

この界隈はあまり外国人の観光客を見なかったが、それでも観光客の多さに辟易。しかし古都金沢に来た以上、見ておかなければ損、ということで強行軍で見て回る。

昼過ぎには金沢駅に戻り、ひとしきりお土産を物色して発送を済ませる。お土産が片付いたことに一安心しつつ、加賀に向かう。

電車に揺られて加賀温泉駅へ到着。最後の宿はちょっと高級な老舗旅館へ。
仲居さんが荷物を持ってくれたり、女将さんが出迎えたりしてくれる旅館は、分不相応の気がしてどうにも申し訳いのだが、せっかくの旅行なので記念にということで。
しかし、担当の中井さんにチップ?を渡すのかどうかで悩む。料金的には勿論渡さなくて良いものだが、通例的にはどうなんだろうと。

広い部屋でゆったり(ぐったり)寛いだ後は、温泉へ。
湯船で足が伸ばせるって素晴らしい。露天風呂も堪能。
マッサージチェアが使い放題ということで、風呂上りにはグリグリと腰を揉んでもらいつつ、足裏マッサージ機も併用。

風呂を上がってくると、部屋で夕食。やはり部屋食は良い感じ。
蟹をはじめ、氷の器に盛られた刺身や烏賊の石焼きなどを日本酒とともにいただいて大満足。

早起きして朝風呂に入ることを目論みつつ就寝。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。