2010年01月12日

[Novel]誉田哲也『武士道エイティーン』

[amazon]誉田哲也『武士道エイティーン』
高校時代を剣道にかける、またとない好敵手。最後の夏、ふたりの決戦のとき。新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、いよいよ天王山!わたしたちは、もう迷わない。この道をゆくと、決めたのだから。
評価=★★★☆(3.5/5.0)
『武士道シックスティーン』、『武士道セブンティーン』に続く完結編。
これまでどおり、2人の主人公視点のストーリーが交互に展開するが、今回はそれに加えて4編のサイドストーリーを収録。視点がころころと変わり、落ち着かない展開だが、シリーズ完結に相応しい、盛りだくさんの内容。
反面、物語の展開は粗く、前2冊と比べると盛り上がりにも欠ける気がする。物語の山場は『セブンティーン』で越えてしまい、完結に向けてゆっくりと流れていくような感じ。
個人的に武道(の精神)が好きということもあり、近年特にお気に入りのシリーズだった。完結は惜しい(もちろん『武士道ナインティーン』が出てもいいわけだ)が、この物語に出会えたことを素直に嬉しく思える本だった。
コミカライズも2社から出ているし、5月には実写映画も公開される。気になる方は、ぜひ原作小説も手に取ってみて欲しい。
[amazon]安藤慈朗,誉田哲也『武士道シックスティーン』1巻
[amazon]尾崎あきら,誉田哲也『武士道シックスティーン』
上がアフタヌーン、下がマーガレット。
アフタヌーンの方がマンガっぽい感じでオリジナル要素も多め。
主人公2人の印象もかなり違うので読み比べてみるのも面白いかと。
[move]「武士道シックスティーン」(公式サイト)
こちらは5月公開予定の実写映画版。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138233111

この記事へのトラックバック

高校最後の武士道
Excerpt: 小説「武士道エイティーン」を読みました。 著者は 誉田 哲也 武士道シリーズ3作目 3部作ということで 完結編なのかな? 今作も香織と早苗の剣道を通じた青春スポーツなのですが 今回はサイドストー..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2011-05-28 21:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。