2010年11月02日

[News]「環境自動車税」という軽自動車増税策、反発も

・「環境自動車税」という軽自動車増税策、反発も(読売新聞)
>自動車税・軽自動車税(地方税)と自動車重量税(国税)を一本化し、自動車の二酸化炭素(CO2)排出量などに応じた新たな地方税「環境自動車税」を創設する構想
>CO2排出量と税額が連動する仕組みにすることで、自動車メーカーに地球温暖化対策を促す。
>地方の軽自動車ドライバーらの反発が予想され、実現するかどうかは不透明

無理なCO2削減目標を掲げたことのツケですね。しかも増税。
CO2排出量に連動するなら軽自動車の負担が最も小さくなる筈だが、ドサクサ紛れに税制を変更して、軽自動車ユーザーからむしりとろうという魂胆。都会の車離れが加速するのは火を見るより明らか。
しかしまぁ、成立は難しいでしょうね。交通の便の良くない地方の人々に支えられている地方議員の動きが気になるところ。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。