2010年11月25日

[Novel]山崎洋子『港町ヨコハマ 異人館の秘密』

[amazon]山崎洋子『港町ヨコハマ 異人館の秘密』
昼間は、名門ミッションスクールに通うおしとやかな女学生。夜は、俥夫として、港町ヨコハマを駆けめぐる少女おりんが、「悪魔からの手紙」におびえる級友を救うため、俥引きで鍛えた脚力と、持ち前の好奇心を武器に、謎に挑む。
評価=★★★(3.0/5.0)
大正時代を目前に控えた明治末期の横浜を舞台にしたライトなミステリ。
児童書ということもあり、ややご都合主義な部分はあるけれど、当時の横浜の雰囲気を感じることができる作品。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171207683

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。