2010年12月09日

[News]牽牛子塚古墳は斉明天皇陵か、実証の小古墳発見

・牽牛子塚古墳は斉明天皇陵か、実証の小古墳発見(読売新聞)
>女帝・斉明天皇(594〜661年)の墓と確実視されている奈良県明日香村の牽牛子塚(けんごしづか)古墳(7世紀後半)の隣接地から、孫の大田皇女(おおたのひめみこ)の墓とみられる古墳
>日本書紀には、斉明天皇と娘の間人皇女(はしひとのひめみこ)が667年に合葬され、斉明陵の前に大田皇女が葬られたと記されている。

写真あり。着実に調査の成果が上がってる様子。
床石がすごい。これは相当な有力者の墓だと思わせる存在感アリ。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172831101

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。