2010年12月13日

[News]ストーンヘンジ、巨石の運搬方法に新説

・ストーンヘンジ、巨石の運搬方法に新説(National Geographic)
>これまでの考えでは、つき固めた地面の上に切り出した丸太を並べた“木製ローラー”や、油を引いた木製レール上で巨大な木製そりを滑らせる方法などが提案されている。しかし、ローラー用の通路を固めた場合に証拠として残るはずの溝はまだ発見されていない。そりのアイデアもある程度の信憑性はあるが、膨大な労働力を要する。
>溝付きのレールに複数のボールを並べ、その上で巨石を転がすという新説を提案
>「そりの手法の発展形のようだが、レールを敷くにはもっと高度な技術が必要になる。すべて同じサイズのボールを作るのも大変な作業だ。動物性油脂を使えばボールは必要ないのではないか」

諸説ありますが、実際はどうやって動かしたんでしょうね。
更なる新説と物証(遺構とかデータとか)の登場に期待したいところ。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174011615

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。