2010年12月14日

[News]原発事故のチェルノブイリ観光を解禁へ ウクライナ

・原発事故のチェルノブイリ観光を解禁へ ウクライナ(CNN.co.jp)
>ウクライナは史上最悪の原発事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所周辺の立ち入り制限を解除し、2011年に観光地として正式に開放する方針
>一帯のバックグラウンド放射線は現在でも通常値を大幅に上回る。しかし、立ち入り禁止区域内は野生生物が戻り、ゴーストタウンと化したプリピャチの町でも樹木が再生している

未曾有の事故だっただけに人体への影響が安全かどうかに不安が残るものの、これは大きな観光資源になりそう。世界遺産も視野に入れていけるのではないだろうか。
チェルノブイリで、どのような事故がどうして起ったのか。現代史に残る国際的大事件として記憶され、受け継がれていかなければならない出来事だと思う。
posted by 秋芳 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174016588

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。