2010年12月15日

[News]クニマス:「絶滅」の魚生息 70年ぶり、京大教授確認 さかなクンも貢献

・クニマス:「絶滅」の魚生息 70年ぶり、京大教授確認 さかなクンも貢献−−山梨(毎日jp)
>環境省のレッドリストで「絶滅」とされているサケ科の淡水魚「クニマス」が富士五湖の一つ、山梨県の西湖で生息していることを京都大総合博物館の中坊徹次教授らが確認
>約70年ぶりの発見となった。「絶滅」とされた種の魚の発見は初めて。
>教授からクニマスの絵を描くよう依頼された知人でタレントのさかなクン(東京海洋大客員准教授)が、西湖で捕獲された黒っぽいマスを持ち込んだのがきっかけ。

さかなクン、やるなぁ。大学などで専門知識を学ばなくても独学でここまでいけるんだから、すごい。まさに「好きこそ物の上手なれ」だと思う。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。