2010年12月20日

[News]北極圏で“ミイラ化した森”を発見

・北極圏で“ミイラ化した森”を発見(National Geographic)
>地層を調べたところ、川によって侵食された傾斜地であることがわかり、さらに掘ってみると、葉や種の鞘が付いた多数の丸太が見つかった。「何百万年も前の樹の葉を地中から取り出して手にしたときは、現実離れした感覚だった」
>樹木が長期間保存されていたのは、地滑りで一瞬にして埋まり、分解を加速する空気や水から遮断されたため
>樹種に基づいて、森林の存在時期を1000万〜2000万年前と推定

posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/175850239

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。