2010年12月24日

[News]デニソワ人、現生人類と交雑の可能性

・デニソワ人、現生人類と交雑の可能性(National Geographic)
>現生人類とは別系統とされる「デニソワ人」について、最近行われた遺伝子解析の結果から、現生人類の祖先と交雑していた可能性が高いことが判明
>ロシアのデニソワ洞窟で発見された約4万年前の少女の骨をDNA解析したところ、現在パプアニューギニアに住むメラネシア人から採取したDNAと一部共通の配列が確認されたという。これはメラネシア人が現生人類の祖先とデニソワ人との交雑の子孫である可能性を示唆している。
>現生人類、ネアンデルタール人、およびデニソワ人に遺伝子レベルでの違いが存在することは明白である。「3者は交雑が起こるまで数十万年に渡って別々の道を歩んできた。これは確かだ」

人類進化の多様性を裏付ける説。現生人類の遺伝子には、デニソワ人以外のすでに滅びた種の痕跡があるに違いない。それを証明するには人類化石の調査研究が必要だが、科学技術が発達した今日、新たな化石の発見と今後の研究で次第に明らかになっていくのではないだろうか。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/175855403

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。