2010年12月27日

[News]録画補償金めぐり東芝勝訴=徴収義務「強制力ない」−デジタル専用機訴訟・東京地裁

・録画補償金めぐり東芝勝訴=徴収義務「強制力ない」−デジタル専用機訴訟・東京地裁(時事通信)
>DVDレコーダーなどの売上高の一部を、テレビ番組の著作権者らに分配する私的録画補償金制度をめぐり、デジタル放送のみに対応したレコーダーを発売した東芝が徴収に協力しないのは違法だとして、社団法人私的録画補償金管理協会(東京都港区)が約1億4700万円の損害賠償を求めた訴訟
>東芝側は、デジタル放送にはDVDへの複製回数を制限する著作権保護技術「ダビング10」があることから、デジタル専用機は課金対象外だと主張していたが、大鷹裁判長はこの点については、「制度開始当時から、保護技術が将来導入されることは想定されていた」として、対象に含まれると認定
>文化庁は同年9月、デジタル専用機も課金対象だとする見解を文書で示した。

協会の損害賠償は認めないが、デジタル専用レコーダーも制度の対象に含めるという判断。
利権団体な協会としては、デジタルに完全移行したときにデジタル専用レコーダーから金が取れないと困るわけで、この訴訟には躍起になっている。多分控訴するんでしょうね。
制度としてはまっとうなものだと思うんだけど、実務運営している協会が自分の利権しか考えていないから問題なんだよな。このあたりは日本音楽著作権協会(JASRAC)と一緒か。
個人的には、この訴訟を通じて「私的録画保証金」という制度の認知度が高まればいいかな。消費者は何も知らずに保証金分を上乗せして払っているわけだし。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。