2010年12月30日

[News]レアメタルそっくり、京大が新合金精製に成功

・レアメタルそっくり、京大が新合金精製に成功(読売新聞)
>元素の周期表で両隣のロジウムと銀を材料に、いわば「足して2で割って」、中間のパラジウムを作り出す世界初の手法
>同量のロジウムと銀を溶かした水溶液を、熱したアルコールに少しずつ霧状にして加えることで、両金属が原子レベルで均一に混ざった直径10ナノ・メートル(10万分の1ミリ)の新合金粒子
>パラジウムが持つ排ガスを浄化する触媒の機能や水素を大量に蓄える性質を備えていた。

これはすばらしい。手法も画期的だが、レアメタルの代替となる合金が作れるということが大きな意味を持つと思う。
日本には鉱物資源がないのだから、レアメタルやレアアースについては国際的戦略をもって対応していかなければならない。中国からレアアースを買っている状態で中国と共同でレアアース代替品の開発を行うとか、そんなことをやっていては疲弊するばかり。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。