2007年07月14日

[Diary]台風4号。

台風4号に蹂躙される週末。
今日は特別勤務で一日仕事してました。
実務は少なく、拘束時間だけが長いという……。
もう暴風域から抜けるようで一安心。現在は停電してないし、水道も普通に使えてる。
被害のあった&災害に遭われた方々には、お悔やみ申し上げます。
四国や近畿、関東の方々はこれからでしょうが、対策は万全に。
明日は休日返上で自宅待機だが、「出て来〜い!」と言われる確率が大。
……蹂躙されてるなぁ。
posted by 秋芳 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

[Note]芥川、直木賞候補決まる

・芥川、直木賞候補決まる(時事通信)
・第137回芥川龍之介賞候補作品決定!(文芸春秋社)
・第137回直木三十五賞候補作品決定!(文芸春秋社)
今回は未読のものばかり。
芥川賞は……全部未読だ。異色の松井雪子はノミネート4回目。
今度こそ受賞か?しかし、異色さなら負けていない川上未映子に期待したい。…無理かなぁ。
直木賞は、ようやく北村薫が受賞しそうだが、前評判の高い森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」が本命か。あと、畠中恵は審査員連中が好きそうだ。ラノベ出身の桜庭一樹が獲ったりすると、昨今の世相を映し出して面白そうだが、そんなことはないのが直木賞。

うーん。直木賞の予想が面白そうだな。
芥川賞は、ご祝儀で川上。直木賞は、穴狙いの畠中で。
森見は次回作と見たが、どうか。
posted by 秋芳 at 22:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

[Note]夏の展示会対策。

鹿児島では、毎年夏休みの時期になると県立の歴史資料センターで特別展が開かれる。
その多くは、大手新聞社が主催する展示会の巡回展示だが、博物館・美術館の絶対数が少ない鹿児島では、ほぼ唯一の機会となっているのが実情である。

今年もそろそろ、と言うことでチェックしたものの……。
今年は「竹久夢二と大正ロマン展」(7/13〜8/19)な様子。
うーむ。「ペルシャ文明展〜煌めく7000年の至宝〜」、「トプカプ宮殿の至宝展〜オスマン帝国と時代を彩った女性たち〜」のあたりに期待していたんだけど……。残念。

夏休み期間用私的メモ。
ペルシャ文明展〜煌めく7000年の至宝〜」大阪歴史博物館(7/11〜9/17)
トプカプ宮殿の至宝展〜オスマン帝国と時代を彩った女性たち〜」東京都美術館(8/1〜9/24)
日本のやきもの−選び抜かれた名宝120点−」九州国立博物館(7/7〜8/26)
博物館のサイトは更新されてないので、西日本新聞の紹介記事参照
どれかひとつくらいは見られると良いなぁ。
このためだけに東京大阪に行けるほど、酔狂ではないし。
posted by 秋芳 at 23:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

[Diary]ジャズ。

今夜はジャズコンサートを聞くことに。生演奏は良い良い。
定番曲あり、バラードあり、アレンジあり、で楽しんできた。
小犬がじゃれ付いて来る様な飛び跳ねる感じのピアノに、伸びのあるサックスが素敵。当たり前のことなんだが、明るく楽しい曲も暗く切ない曲も奏でられる楽器ってのはすごいと思う。いや、楽器としては当たり前なんだろうけど。一番凄かったのはドラム。すごいテクニックに見えた。あの演奏はすごかったと、素人ながら思う。

私は音痴で音感も無く、歌も楽器も逃げ出したくなるくらいダメだが、この手の陽気な音楽を聴いていると楽しくなって、自然と体が動き出す。そんな時、ズレ気味の手拍子を叩きながらも、「音痴な自分の中にも“音”はあるんだなぁ」と、しみじみと思う。
その音を表現する楽器になれないことを残念に思う反面、出来ないなら別の方法で、と逃げてみる。音楽の代りになるものが、書き散らした文章であったり、TRPGのシナリオであったり、ふと交わした言葉であったりすれば良いなと思ってる。
もっとも、「音楽の代わりになる」なんて言ってる時点で、コンプレックスがありありなんだけど。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

[Diary]同期採用で騒ぐ。

会社の同期採用者で飲む。
入社から6年が経つが、未だに定例的な飲み会があるのは、ありがたいことですな。
定例的な飲み会?「お誕生会」です(苦笑) まぁ単なる口実ですけどね。既にメンバーの半数以上が三十路に突入した現在、年の話は禁句ですが。
気の置けない仲間というのは、良いものですな。月曜だし、遅くならないうちに切り上げて帰るだろーと思っていた幹事(私)の思惑とは裏腹に、カラオケで絶叫&怪しい踊りという流れに…(苦笑)
飲んで騒いで、腹の底から笑った夜。君らと同期でよかったわ、ホント。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

[Note]デミオ、リコール。

MAZDAのデミオ他にリコールが出ました。
クラッチとスプリングに欠陥があるとか。

ウチのデミオも対象になっているようだが、購入した直営店からの連絡はない。
対象じゃないのかもと思いつつも、こちらから電話して確認。
リコール対象かどうかは、車台番号(シリアルbンたいなもの?)で確認するようだが、
販売店で車台番号を確認できないってのは、どういうわけなんでしょ?
仕方なく、手元に車検証を準備して再度電話。車台番号を告げると、やはりリコール対象のようだ。修理作業は2〜3時間かかるようなので、明日以降に予約を入れてから販売店まで持って行くことに。

リコールって初めてだけど、販売記録から連絡したりしないんだろうか?と思い、イロイロ見てみるとすぐに販売店から連絡が来たり、部品が足りないので準備できしだいご連絡いたしますと言われたり、イロイロあるようだ。店によっては、持ち主を訪ねて車を引き受け、修理して納車というトコロも。

リコールって社の一大事だと思ってたんだが、けっこうアバウトなのか。
対応の仕方も販売店でだいぶ違うようだ。
posted by 秋芳 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

[Note]○th Birthday

5月25日は誕生日でして。何ごとも無く、またひとつ年をとりました。
30代に突入して○年目。まだまだ年相応の「味」は身につきませんなぁ。
年は食ってもガキっぽくて……。
年相応の渋さが身につくよう精進しましょ。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

[Note]白樺派カレー

白樺派カレー(しらかばはかれー)(Yahoo!辞書)
>大正時代初期に千葉県我孫子市の手賀沼湖畔に住んでいた志賀直哉や武者小路実篤ら、白樺派の文人たちが食べていたカレーを復刻したもの。
>隠し味として味噌が入っているのが特徴で、「白樺文学兼子カレー」、「柳兼子カレー」ともよばれる。

食べてみたいねぇ。
posted by 秋芳 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

[Note]「大正の日」を考える

今日は「みどりの日」改め、「昭和の日」だった。
本来、昭和天皇崩御をうけて「天皇誕生日」を「昭和記念日」とする案があったが、社会情勢に鑑みて「みどりの日」とした経緯があるらしい。
祝日法では、「昭和の日」の設定に天皇の誕生日を祝う意味は込められていないが、結局は後付の理由であり、実質的な意味合いは「昭和天皇誕生日」であろう。

ここでは「天皇の誕生日を祝う」ことの是非は論じないが、気になるのは「明治の日」及び「大正の日」である。

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

[Note]今年度も終わり。

本日を以って、平成18年度業務が終了しました。
仕事が終わらないんじゃないかとドキドキしてましたが、30日に無事、お役所に書類を提出することが出来ました。良かった良かった。
27時まで残業したり、休日でも普通に出勤+残業だったり、ここ1月まともに休みが無かったりと、地獄を見ましたがどうにかこうにか乗り切りました。
(残務処理が来年度にあふれちゃいましたが)

TRPGのコンベはおろかサークル例会にも行けず、読書もロクに出来ず、悪友諸氏とつるむこともなく、ホントに仕事付けの日々でした。4月は遊ぶぞー

来年度は、今年度より忙しい予定なんだよな。
……大丈夫かね(汗)
posted by 秋芳 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

[Note]日付が変わる前に。

本日、3月15日はH.P.ラブクラフト(Howard Phillips Lovecraft,)の命日でした。

彼は1937年3月15日に腸癌のため逝去されました。
また今年は没後70年にあたります。

神話を生み出しし異端の怪奇作家の冥福を祈念して……。

『That is not dead which can eternal lie, And with strange aeons even death may die...』
『ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるふ るるいえ うが=なぐる ふたぐん!』

……とある人々に言わせれば、御大は死なず、脳だけが銀筒に移され、今も外宇宙を飛び回っているらしいです(苦笑)
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

[Diary]何故、弁当にこんなものが。

ウチの職場には、弁当の配達がやってきます。
各事業所を巡回し、事前の注文どおりに弁当を配達していくヤツですね。
税込400円で結構ボリュームがあり、職場の評判も上々です。
(税込500円の豪華版もあり)
本日は会議のため事務所で仕事だったので、この弁当を注文。
内容は日替わりですが、本日は炊込みご飯、肉じゃがにそぼろが入ったような煮物?、鶏の唐揚などなど…といった内容。

あと、隅の方に
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

[Diary]東京出張:02/05〜02/06

1泊2日の東京出張。
肝心の仕事は1日目の午後から夜までで完遂。
2日目は移動日と言うことで、帰るだけの日程となりました。
飛行機の時間に余裕を見ていたので、若干の自由時間ができたことに。

どうしようかなー。と考えた末に向かったのは上野。
目指すは上野の寛永寺。
2008年のNHK大河ドラマ、天璋院篤姫の墓に参るのが目的……でしたが、徳川家の霊廟は非公開ということで計画は頓挫。
寛永寺に向かって合掌するにとどめました。

せっかく上野に来たんだから、
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

[Diary]日記:01/20〜01/26

今週も残業漬けの日々…。
休日出勤の嵐も加わって、VF5の全国大会「格闘新世紀」の予選にも出れそうにない。
いや、予選じゃない公式大会なら、ひとつ出られそうなのがあるか。
あとは、サークル例会用のTRPGシナリオ案を形にしたり。
このところ23時帰宅なので、作業する時間が皆無に等しい…。
大体にして、今週休み無しだったんですよ?
シナリオはきちっと仕上げたいし、読みかけの本もあるし。
時間が足りない……睡眠時間を削る?
それは自殺行為だと思うなぁ……。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

[Diary]日記:01/06〜01/12

体調の好不調が激しい期間でした。
体調が良い→ハメはずしてダウン→でも仕事は修羅場→さらにダウン→復調したので遊ぶ→もう一回ダウン……学習能力がないのか。

まわりの友人が『戦場の絆』に精を出す中、もくもくとプレイしてきた『VF5』も一区切り。あとは全国大会の店舗予選1回戦負けで終了、でしょうな。
月イチのTRPGサークルの例会も、今月(14日開催)で4連続不参加。
元来、日曜の出勤が多い仕事だけに仕方が無い。
2月例会に向けてシナリオを練っておきたいと思いマス。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

[Diary]日記:12/30〜01/05

年末年始は、のんべんだらりと怠惰な生活。
しかし、微妙に体調を崩して目が充血したりしてました。
昨年の正月も疲れて目が赤くなってたような……。
年明けは4日より仕事。
ウチの会社には、1日から仕事の面々もいました。南無。
posted by 秋芳 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

[Note]芥川賞・直木賞、候補者決定。

・第136回(平成18年度下半期)芥川賞候補(文芸春秋)
・第136回(平成18年度下半期)直木賞候補(文芸春秋)
文芸春秋の芥川賞の候補紹介ページが、前回の受賞発表ページになってますね。
まぁ、そのうち修正されるでしょう。
候補作の確認はコチラで。・芥川賞、直木賞候補作決まる(時事通信)

芥川賞は田中慎弥「図書準備室」、直木賞は北村薫「ひとがた流し」の1点買い。
芥川賞候補作はほとんど未読ですが、5回目の候補と言う佐川光晴「家族の肖像」が本命かもしれない。直木賞は北村薫さんにゼヒ獲ってほしいものです。遅すぎるくらいだと思うけど……。対抗馬は白石一文「どれくらいの愛情」かなぁ。
選考会は16日午後5時から。
posted by 秋芳 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

年末のご挨拶。

今年も一年間、お疲れ様でした。
拙い文章の上、情報発信など皆無のblogですが、見てくださる方がいらっしゃるということは、ありがたいことです。
来年もよろしくお願いいたします。

2007年、活字中毒者にもゲーマーにも、幸多きことを願いつつ。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

日記:12/23〜12/29

クリスマス関連は別記したので、年末の件。
ようやく仕事納めも済み、今年の仕事は終了〜後は来年回し。
いい加減鬱陶しくなってるし新年に向けて髪を切ろうと、行きつけの理髪店に行ったら、すごい人出。
予約入れてる人もいて2時間待ちとか。皆考えることは一緒か…。
仕方なく帰ってきました。また明日行ってみます。

部屋の大掃除が済んでません……否、やってません全然。
本棚前に平積みになった本が山を成しています。
片付けんといかんなぁ。
posted by 秋芳 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

日記:クリスマスの妖精。

クリスマス〜!……といっても何事も無く、残業して帰ってきました。
いつもどおりです、ええ。
まぁ、大昔にローマ帝国の属領で大工の倅が生まれた日なんて、特にめでたくもない(暴言)んで、それがどうしたってこともないんですが。

ただ、クリスマスと言えば福岡で見た「あんみつ姫」の「栗・酢・枡の妖精」が忘れられません。
下ネタ満載のオカマちゃんコント……。
つい脳裏をよぎります。大変危険です。
posted by 秋芳 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。