2010年12月22日

[TRPG]訃報:グループSNE 江川晃氏

グループSNEに所属されている白川晃氏が亡くなられた、と発表があった。
訃報(グループSNE公式)
私は氏の代表作ともいえる翻訳『シャドウラン』をプレイしたことがないので、ファンの方々のショックには遠く及ばないと思いますが、それでも、グループSNEの最初期のメンバーとして、お名前を目にする機会があっただけに、驚きを隠せません。
ご冥福を祈りいたします。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

[Novel]内山靖二郎『るるいえはいすくーる』

[amazon]内山靖二郎『るるいえはいすくーる』
骨董店「るるいえ堂」の店番をまかされている空手が特技の高校二年生、樋口さやか。彼女が転校した御津門学園に起こる怪事件の背後には宇宙的真実が…。「るるいえ堂」のメンバーや、新加入の女子高生、日野睦らの学園探索が今はじまる。傑作ホラーTRPG完全書き下ろしリプレイ。
評価=★★★☆(3.5/5.0)
クトゥルフ神話TRPGノリプレイ。『るるいえあんてぃーく』の続編。
相変わらずイラストはアレだが、内容は王道のクトゥルフリプレイで3話を収録。
サプリメント『クトゥルフ2010』の未成年探索者作成ルールを使用したり、手を変え品を変えで楽しませてくれる。ほぼ同一のPCで6話(前回3話+今回3話)ものシナリオを見せるというのは、GMのシナリオ作成が問われるところ。長くクトゥルフを遊んできたGMだからこそできる構成だと思う。
今回も値段的には“高価なリプレイ本”ではあるけれど、キーパーは読んで損のない一冊に仕上がっていると思う。反面、出版者が意図しているような“表紙絵で釣る”とか“クトゥルフ神話TRPGの入門書”とかとしては、価格の面で失敗しているような気がする。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

[Novel]秋田みやび,清松みゆき ほか『女神の国の逃亡者』

[amazon]秋田みやび,清松みゆき ほか『女神の国の逃亡者』
学都“カイン・ガラ”の有力者アレンダル師のお使いで、廃棄神殿調査の下見に向かったタビットのセーブと人間の女の子ルー・シア。なんでもない仕事のはずが、そこには蛮族たちの姿が…。蛮族に見つかり、急いで神殿を抜け出すセーブたち。街を助けるために、二人の脱出作戦が始まった!冒険者の数だけ“冒険のきっかけ”がある―。子供たちの初めての冒険をあつかった表題作ほか、ラクシアの様々な冒険者の“旅立ち”を描くソード・ワールド2.0初の短編集。
評価=★★★☆(3.5/5.0)
SW2.0、待望の短編集。世界観の補完には多角的に世界を描き表す短編集が最適!ということで期待していたのですが。なんというか、値段の割りに薄いなぁ、というのが第一印象。それでも4編の作品は世界観の補完に役立ちました。

以下、ネタバレあり。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

[TRPG]例会でシノビガミ。

久し振りの例会参加。シノビガミでGM立候補したところ、何とか卓が成立。
今回は、3サイクルのショートシナリオ2本の間にリスペック(データ再構築)を挟むという形式。シナリオは実プレイによる修正を加えた上で、いずれ公開したいですね。続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

[Replay]ベーテ・有理・黒崎,グループSNE,北沢慶,『蛮族英雄 バルバロスヒーロー』1巻

[amazon]ベーテ・有理・黒崎,グループSNE,北沢慶,『蛮族英雄 バルバロスヒーロー』1巻
蛮族を裏切ったドレイクの青年アンセルム。姫騎士と結婚する(だけの)ために旅をする脳天気な男クリフ。駆け出し冒険者エリヤ、ウィスト、ミケの3人娘。彼らが出会ったとき、新しい伝説の扉が開く!…と思ったら―。「OK、モンスターの数はダイスで決めよう。20面を振って…18体だネ」「まてっ!多すぎるわ!」真の敵は容赦なしのアメリカ人GMか!?日本RPG界に激震走るリプレイ新シリーズ、堂々開幕。
評価=★★★☆(3.5/5.0)
まず思ったこと。
『ダークエルフ物語』や『エルリック・サーガ』を引き合いに出して、コアなファンタジーの醍醐味をSW2.0でって言われても。こんな中二病で萌えな設定にまみれさせておいて、コアなファンタジーを指向しようと言うは、なんかズレてる気がするなぁ……

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

[Replay]河嶋陶一朗,冒険企画局『シノビガミ死 棄神宮殿』

[amazon]河嶋陶一朗,冒険企画局『シノビガミ死 棄神宮殿』
影斗、幻蔵、あばん、るつぼの最後の物語ッ!東雲学園に帰ってきた陽向影斗を待ち受けていたのは、斜歯忍軍を裏切った九重ルツボと、彼女を抹殺するために集められた五大流派の精鋭たち―「最後の晩餐」だった。そして、「最後の晩餐」の中には丸独党の秘奥「六酒腐腫」を携えたビル風あばんの姿も…。そんなあばんを追うように、飯綱幻蔵も現れ、東雲学園は再び戦場と化す!サイコロを振っていくだけで、誰でもお手軽に物語がつくれちゃう「サイコロ・フィクション」シリーズ、『シノビガミ』に4巻が登場!リプレイシリーズ最終話「棄神宮殿」に加え、『シノビガミ』の追加ルールを収録。本書を読めば、『シノビガミ』世界の秘密が明らかになるだけでなく、様々な設定を持つ自分だけの忍者を作成することができるようになるぞ。『シノビガミ』が、ますます面白くなる一冊だ。
評価=★★★★(4.0/5.0)
完結編となるリプレイパートは、ストーリー性とゲーム性の両面で素晴らしい出来。幻蔵先生の格好良さがすごすぎ。
データパートはPCの状況やスタンスを示す「背景」のほか、ワールドガイド的な補完。NPCとか絡めたシナリオを作ってみるのも面白そう。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

[Replay]秋田みやび,グループSNE,『新米女神の勇者たち』9巻

[amazon]秋田みやび,グループSNE,『新米女神の勇者たち』9巻
ジークの腹違いの姉であり、アイヤール女王候補のミスティン姫がさらわれた! 姫が持つ予知の力を狙われたか、皇室内の陰謀か、はたまた邪神のもくろみか? ついに復帰の6人目を加えてぞんざい勇者たちが走る!
評価=★★★★(4.0/5.0)
新米女神シリーズも9冊目。
SW2.0は、リプレイごとの差が激しすぎるような……。いや、このシリーズが長く続いてるだけで、3〜4巻で終わるシリーズってのは珍しくないんだけど。

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

[Supplement]安道やすみち,グループSNE,友野詳,上村大『幽世奇談』

[amazon]安道やすみち,グループSNE,友野詳,上村大『幽世奇談』
サプリメント第5弾はゴーストタウンデータブック。『シルバーレインRPG』の追加データ、ルール集。ゴーストタウンを遊ぶためのシナリオ。新ゴーストの追加データ。GMなしでも遊ぶ方法。最新の追加ジョブは5種類。レベル100までの詠唱兵器のデータが追加。シナリオを自動生成するオートシナリオを搭載、無限に物語が生成される。ゴーストタウンシナリオは6本。PBWと共通のゴーストタウン・マップで制作。
評価=★★★☆(3.5/5.0)
かくりよきだん。シルバーレインRPGのサプリ第5弾。今回はカードが付属しない。
出版社が変わり、いよいよ見切りをつけられたかと思いきや次のサプリも準備中らしい。
TRPGやらないPBW参加者もサプリを購入するようだし、幕引きはもう少し先かな。

以下、雑感。
続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

[Supplement]西上柾,朱鷺田祐介『異形科学−ストレンジ・サイエンス−』

[amazon]西上柾,朱鷺田祐介『異形科学−ストレンジ・サイエンス−』
最新科学が生み出される街「須摩留」の設定をはじめ、学園を舞台にしたセッションを楽しむための追加ルールやデータ類を掲載。超能力の研究・開発によって生まれた、新たな超能力者のプレイも可能となる。『真・女神転生』シリーズの原点ともいえる「ハイテクと魔術の融合」。それによって生み出されたガジェットや異形機関などのデータとルールを追加。
評価=★★☆(2.5/5.0)
「真女神転生TRPG魔都東京200X」の最終サプリ。
追加ルールというよりは追加ステージという感じで、地方都市を舞台にした超能力バトルのためのステージを提供する。

以下雑感。
続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

[Magazine]冒険企画局『まるごと一冊冒険企画局』

[amazon]冒険企画局『まるごと一冊冒険企画局』
まるごと一冊、冒険企画局にまつわる記事ばかり。読んで楽しく、遊んでも楽しい、まさに冒険の一冊だッ。
評価=★★★★(4.0/5.0)
TRPGを中心に活動するゲームデザイナー集団「冒険企画局」。その作品や過去の活躍について、とにかく全部取り上げてみました的な「お祭本」。
サイコロ・フィクション・シリーズや「サタスペ」、「迷宮キングダム」などの近年のTRPGシステムだけにとどまらず、「五竜亭」や『やっぱりRPGが好き』などの懐かしい話題も満載。かつて『ウォーロック』に掲載された埋蔵金探しの記事にも言及しているあたり、「まるごと」の名に恥じない出来。(しかも、この記事のレイアウトが当時の掲載誌を踏襲しているのが地味にマニアック)
冒険企画局に興味や思い入れがないとイマイチ意味不明な部分ばかりになってしまうが、冒企のゲームが人々が好きなら、諸手を挙げて楽しめるハズ。
個人的には、ユーザーからのコメントに、当時『ウォーロック』を読んでいた人々が(すっかりいい歳になっても)、まだTRPG界隈で楽しんでいるという感触があって、すごく嬉しかった。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

[TRPG]9月購入予定。

9月はJGCあわせで関連書籍がたくさん出るわけだが、とりあえず買おうと思うものまとめ。

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

[Supplement]グループSNE,田中公侍,北沢慶『バルバロステイルズ』

[amazon]グループSNE,田中公侍,北沢慶『バルバロステイルズ』
200体以上のモンスターデータに加え、PCとしての蛮族データを掲載! さらにコロシアムルールも実装し、君のバトルスピリットはもう最高潮! ソード・ワールド2.0追加ルール待望の第二弾!
評価=★★★★(4.0/5.0)
SW2.0、サプリメント第5弾。
実質的なルールブック4だった『アルケミストワークス』ほどではないものの、ある意味ルールブック5と言える内容。ことモンスターデータに限っていえば、SW2.1と言っても過言ではない。
既存のデータを整理統合して再掲しただけといえなくもないが、参照性の低い文庫版ルルブ3冊のあっちを見たりこっちを見たりとしなくても良いのは大きい。
GMなら迷わず買いの一冊だが、エラッタが大量に出ているのが残念なところ。データ集だけに数字のミスは仕方のないところだが、毎度毎度エラッタが多すぎる。データ集だからこそ、厳重なチェック体制で校正をしてほしいものだ。

以下、雑感。ネタバレあり。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

[Replay]河嶋陶一朗,冒険企画局『シノビガミ・リプレイ戦(いくさ)』1巻

[amazon]河嶋陶一朗,冒険企画局『シノビガミ・リプレイ戦(いくさ)』1巻
良家の子女が通う超名門進学校「私立御斎学園」。その真の姿は、世界中から集められた異能の血を引く子どもたちが「力」の使い方を学ぶ忍者養成機関である。その学園に転校した少女・化野天華は「友達」を作るため、生徒会長を決める「六道祭」への参加を決意する。その実体が、生徒同士の血闘だと知らずに…。プレイヤー同士が刃を交える、アルティメット・シノビアクション・リプレイ開幕。人気プレイヤー・田中天も、女子大生に容赦のないマジバトルを…。
評価=★★★★☆(4.5/5.0)
現代忍術バトルTRPG「シノビガミ」の新リプレイシリーズ。サブタイトルは「事無草、咲く」。ドラゴンブックのリプレイは「TRPGシステム名+リプレイ」を書名に冠したものになるようだ。
シノビガミ待望のリプレイシリーズ。同一キャラを用いたキャンペーン仕立て。対立型シナリオ1本、協力型シナリオ1本の2話を収録。

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

[TRPG]例会でシノビガミ。

 月イチのサークル例会。今月は「シノビガミ」を引っさげてキーパー立候補。追加ルールをふんだんに盛り込んだ集大成的シナリオを目指してみた。
 サークル例会と言いつつ内容はいわゆるオープン例会なので、会員以外の方も参加できます。南九州にお住まいで興味がある方はサークルのサイトをご覧ください。
 →「南海TRPGしろくま」公式

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

[Replay]内山靖二郎『みなせゼミの名状しがたき夏休み』

[amazon]内山靖二郎『みなせゼミの名状しがたき夏休み』
大学講師で民俗学を研究している水無瀬克馬と学生たち+骨董店主の恐ろしくもちょっと愉快な探索物語。
夏休みを利用し、民俗学の研究とレジャーを兼ねて地方を訪ねる水無瀬たち。そして彼らを待ち構えるクトゥルフ神話の名状しがたき宇宙的真実!何度も狂気に陥りながらも邪神に立ち向かうのは探索者たちの運命なのか!?
ゲームの進め方やルールの扱い、シナリオの作り方、プレイテクニックなど、キーパーとプレイヤーの両方に役立つ情報満載!『クトゥルフ神話TRPG』ファン必携の書!
評価=★★★★☆(4.5/5.0)
同一の探索者を使用した連作短編形式のリプレイ。『Lead&Read』に掲載された2編に書き下ろし1編を加えた3編を収録。

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

[Replay]朱鷺田祐介『退魔生徒会伯林時迷宮』

[amazon]朱鷺田祐介『退魔生徒会伯林時迷宮』
世界の危機を乗り越え、想い人との絆をより強くした、退魔生徒会の面々。しかし、タイムトンネルの完成と「真実のニュクス」の飛来による世界の命運をかけた戦いは、目前に迫っていた。 『退魔生徒会』シリーズ、ついに最終巻!!
評価=★★(2.0/5.0)
ゆるゆると続いてきた退魔生徒会シリーズもついに完結。
「真女神転生TRPG魔都東京200X」シリーズとしてもリプレイ完結となり、年内と言われている版上げに期待が募るところ。

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

[TRPG]例会でクトゥルフ神話TRPG。

先月は欠席したサークル例会。今月は「クトゥルフ神話TRPG」を引っさげてキーパー立候補。「クトゥルフ2010」を導入した現代シナリオですよ。
例会と称しているものの内容はいわゆるオープン例会なので、会員以外の方も参加できます。南九州にお住まいで興味がある方はサークルのサイトをご覧ください。
「南海TRPGしろくま」公式

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

[Replay]田中公侍,グループSNE『マージナル・ライダー』4巻(完結)

[amazon]田中公侍,グループSNE『マージナル・ライダー』4巻(完結)
アルフォート王国の危機を救ったラファル一行。一息ついたのもつかの間、バスティアンの許婚が消息不明になってしまった。その手がかりを掴みに“竜の里”へ向かうが、なんと“竜の試練”を受けることに―。ついにあの馬フェチ主人公ラファルがドラゴンで大空を駆け巡る!?さらに、キャンペーン始まって以来、最大規模のプレイヤー10人による超大型セッションを実行!他にも、ギミック満載のダンジョンアタックや、選択したシナリオによって物語が大きく変化する「セレクトシナリオシステム」など、大胆なチャレンジ満載の大好評リプレイ、堂々完結。
評価=★★★(3.0/5.0)

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

[Replay]秋田みやび,グループSNE『新米女神の勇者たち』8巻

[amazon]秋田みやび,グループSNE『新米女神の勇者たち』8巻
行方不明になったソラを追い“帳の島エイデル”へとやって来たジークたち。島民の信頼を得て、居場所を聞き出し向かったものの彼女の姿はすでになく、代わりに謎の美女からのお誘いが…。ついに巨大決戦兵器までをも手に入れて、フェイダン地方を巻き込んだ大事件に立ち向かう我らが“ぞんざい勇者団”。行く手に待つのは、神か魔王か、それともGMのダイス目か。
評価=★★☆(2.5/5.0)
すっかり読み物調のSW2.0リプレイ。第8巻。
高レベルになっても、大きな事件を解決しても、根幹にコミカルさが染み付いていてどうにも違和感が拭えない。今回は特に元PCなNPCの行動原理がギャグになってしまっていてゲンナリ。PCもNPCもコミカルなのはシリーズの売りなんだろうけど、シナリオをコミカルにしなくても、と。
「シナリオはシリアスに、でもセッションはコミカルに」を座右の銘としてGMやってる身からすると、シナリオ部分もコミカル成分に冒されている気がして残念。
TRPGなんてものは、参加しているGMとPLが楽しければそれでいいんだけど、商業リプレイで読者おいてけぼりと言うのはツライなぁ。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

[Replay]諸星崇,グループSNE『拳と魔封の物語』3巻(完結)

[amazon]諸星崇,グループSNE『拳と魔封の物語』3巻(完結)
母ミレスとの再会後、父ログナーによる封印が施された遺跡の探索に向かうエイベル一行。そこでアンが古代兵器を起動させる鍵として作られたことを知る。その事実を目の当たりにしたエイベルたちの決断とは!?
評価=★☆(1.5/5.0)
SW2.0、3番目のリプレイシリーズ完結。以下の感想にはネタバレあり。注意。

続きを読む
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG諸々(感想系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。