2010年11月29日

[News]内部告発文書:米国の「秘密」25万通公開 民間サイト

・内部告発文書:米国の「秘密」25万通公開 民間サイト(毎日jp)
>米国の外交公電約25万通の公開を始めた。各国の米大使館から国務省に報告されたもので、他国首脳らとの生々しいやり取りも含まれている。外交上支障が出るのは必至
>「盗まれた秘密の文書を公開することでウィキリークスは人命を危うくした。強く非難する」

なかなかに微妙な展開。
機密文書が国家国民の利益を損なうものの場合は非難されても仕方ないが、国家の横暴や公務員の怠慢などを明るみにするものであるならば、国民は歓迎するのではないだろうか。
告発とは言え機密文書を漏洩した人物は処罰されなければならないが、このサイトの是非については国民の間で活発な議論がもたれるべき。サイトの方でも、単なる面白半分で何でもかんでも公開すれば良いというものではないと思う。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

[News]「ヘビ怖がるのは本能」京大発表、3歳児も反応

・「ヘビ怖がるのは本能」京大発表、3歳児も反応(読売新聞)
>ヘビによる恐怖体験がない3歳児でも、大人と同じようにヘビに敏感に反応し攻撃姿勢を見分けられる
>ムカデやゴムホースの写真を使った場合、花との違いがなく、細長いものや気持ち悪いものに反応しているわけではない
>世界中でヘビを恐れない文化はなく、本能なのか学習なのかの論争が19世紀から続いてきた。

ヘビを恐れるのは、かつて哺乳類がネズミのような小動物だった頃の遺伝子に刷り込まれた記憶…などといわれることもあるが、それが実験で確認されたということらしい。
ヘビという生物を理解していないかもしれない3歳児も、とぐろを巻いているヘビを瞬時に見分けられるのはすごいかも。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

[News]米先住民とバイキングに血縁関係?

・米先住民とバイキングに血縁関係?(National Geographic)
>コロンブスがアメリカ大陸に到達したのは1492年。その500年も前に、アメリカ先住民の女性がバイキングとともにヨーロッパへ渡っていた
>歴史的・考古学的な証拠から、アイスランドのバイキングは西暦1000年の直前にグリーンランドへ到達し、すぐ現在のカナダに向かったとされている。
>アメリカ先住民の遺伝的変異を保持するアイスランド人は全員、4つの家系に属すると結論づけた。元をたどると、1700年代前半に生まれた4人の女性に行き着く。

アメリカ先住民とバイキングの血統か……可能性はありそうだし、信憑性の高い話ですね。
DNAをたどることで、ここまで絞り込んだ情報が手に入ると言うのはすごいことだと思う。もちろん、地道な努力による調査研究と、多大な時間を費やして可能になることなのだとは思うけど。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]4000万年前にピーク=陸上哺乳類の最大体重−陸地面積や気温が関係

・4000万年前にピーク=陸上哺乳類の最大体重−陸地面積や気温が関係・国際チーム(時事通信)
>哺乳(ほにゅう)類は約6500万年前に恐竜が絶滅してから繁栄し始めたが、陸上では約4000万年前に最大種の体重がピークに達したとみられる
>哺乳類の最大種は、海では体長が30メートル超、体重が200トン超にもなることがあるシロナガスクジラ。地球でこれまでに出現した全動物の中で最大でもある。これに対し、陸上では、3400万年前ごろにユーラシアに生息した角がないサイの仲間で推定体重17トンの「インドリコテリウム」が最大
>陸地の面積によって、餌となる植物や小動物数の規模、大型動物が生息できる個体数の上限が決まる。また、地球の気温の変動は海面水位と陸地面積に影響する。
posted by 秋芳 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

[News]海保職員、映像をCNN東京支局に郵送

・海保職員、映像をCNN東京支局に郵送(産経新聞)
>「映像を米CNNテレビの東京支局に郵送した」
>「CNNが映像を放映しなかったので、動画サイトへの投稿を決意した」
>同支局側は、SDカードがウイルスに感染している可能性があるなどと判断し、内容を確認しないまま廃棄した

もったいないことを……CNNはスクープを逃しましたね。
今回の件で見えてくるのは、国内のマスメディアの信用度が低いということ(だからこそ、国内メディアではなくCNNに情報提供した)、マスメディアに情報を提供しても無駄だということ(中身も見ずに廃棄はさすがにどうかと)。
しかし、情報で成り立つマスメディアともあろうものが、社内LANやWEBに接続していない端末でウィルスチェックとかしないものなんだろうか。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

[News]秋津遺跡:大型建物群跡発見 ヤマト王権の重要祭祀施設か

・秋津遺跡:大型建物群跡発見 ヤマト王権の重要祭祀施設か(毎日jp)
>奈良県御所(ごせ)市の秋津遺跡で、古墳時代前期(4世紀前半)の大型建物群跡
>珍しい構造の塀で囲まれた国内最大規模の区画の中に、4棟が規則的に並んでいた。
>ヤマト王権の大王か有力豪族が重要な祭祀(さいし)を行う施設だった可能性があるとみて、文献の少ない「空白の4世紀」を考える上で重要な成果
>中国の歴史書「魏志倭人伝」は3世紀の卑弥呼(ひみこ)、「宋書倭国伝」は5世紀の「倭の五王」について書かれているが、4世紀の記述はなく、古代史上「空白の4世紀」とされる。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]魚を食べるコウモリ、欧州で初確認

・魚を食べるコウモリ、欧州で初確認(National Geographic)
>体重約9グラム、体長4センチ強と極めて小さいユビナガホオヒゲコウモリは長い間、昆虫だけを捕食すると考えられてきたが、2003年に糞の中から魚の骨とウロコが発見され、研究者を驚かせた。
>「水面近くを飛び、水面で餌を食べるカダヤシなどの魚を爪で捕らえる」
>魚を捕食するコウモリは、南アメリカのウオクイコウモリなど世界で数種類が確認されている。

魚食性のコウモリ自体はすでに確認されており、ヨーロッパに生息する種では初確認と言うことらしい。しかし、ウオクイコウモリって和名はそのまんまですね。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

[News]延坪島で50発以上着弾、民家にも 兵士2人死亡、住民など20人負傷

・延坪島で50発以上着弾、民家にも 兵士2人死亡、住民など20人負傷(産経新聞)
>韓国が海の軍事境界線と定める北方限界線(NLL)に近い韓国西方沖の延坪(ヨンピョン)島と周辺の黄海水域に、北朝鮮側から砲撃があり、50発以上が着弾、多数の民家が炎上した。韓国軍が応戦し南北双方で交戦となった。交戦で韓国軍兵士2人が死亡、兵士や住民20人が重軽傷を負った。
事実上は休戦中とは言え、戦争状態にある国家との国境付近で軍事演習していれば、このような反応があるのも予測済みだろう。韓国側の挑発行為に北朝鮮が応えたかたち。
今後の動きがどうなるのか、米軍はどう動くのか。日本は注意を怠ってはいけない。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

[News]250万年前のタバコの葉の化石を発見=ペルー

・250万年前のタバコの葉の化石を発見=ペルー(時事通信)
>タバコの起源が250万年以上前にさかのぼることが分かるとともに、ペルー北部の原産であることが確認された
>アメリカ大陸の先住民は西欧人が15世紀にやってくるずっと以前からタバコを吸ったりかんだりしていたほか、目薬から下剤までとあらゆる治療薬として使っており、また戦いに行く戦士の顔や性交前に女性にその煙を吹きかけるなど、儀式にも用いていた

目下のところ、最古の化石になるのだろうか。
向精神系の薬物として、トランス状態になったりするのに利用されていたんだろうなぁ。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

[News]銀河系外で惑星を初めて発見

・銀河系外で惑星を初めて発見(National Geographic)
>地球が含まれる天の川銀河の外で生まれた惑星が初めて発見された。
>これまでに見つかった500近い系外惑星はすべて天の川銀河で誕生したものだった。
>発見された銀河系外惑星は木星の少なくとも1.25倍の質量を持つ巨大ガス惑星で、地球から約2000光年離れた恒星を周回している。

地球は太陽系唯一の惑星であり、太陽系は天の川銀河系に属する。これまで見つかっていた惑星は太陽系外にあるが、天の川銀河系の外に存在するものは発見されていなかった。今回が初めての発見になる。
我々の属する銀河系の外の惑星。これだけでもう、ドキドキしますね。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]チワワの桃、警察犬に合格…来年1月から出動!

・チワワの桃、警察犬に合格…来年1月から出動!(読売新聞)
>奈良県警の嘱託警察犬審査会で(中略)雌のロングコートチワワ「桃」(7歳)が、合格
>チワワが嘱託警察犬になるのは極めてまれで、来年1月から災害現場などで活躍する
>遺留品のにおいを頼りに、5分以内に100メートル四方内にいる要救助者を捜す課題をクリア

写真あり。一般的な警察犬のイメージとはあまりにかけ離れていて、制服とか着せれば一日警察署長的なイメージ。
ひとくちに警察犬と言っても、色々な業務があるだろうから適種適所と言ったところでしょうか。極めてまれ、ということは史上初ではないわけで、過去に先輩がいたんでしょうね。
警察犬を人間と同じ階級で処理したりはしないだろうけど、巡査部長待遇のベテラン警察犬と書いたら面白そうではある。軍用犬だと日本でも一等兵待遇の軍犬がいたし、自衛隊にも二曹待遇の歩哨犬がいるらしいし。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

[News]「最古の大嘗宮跡」発見は誤認?調査成果撤回

・「最古の大嘗宮跡」発見は誤認?調査成果撤回(読売新聞)
>奈良県橿原市の藤原宮(694〜710年)跡で、発掘調査の発表内容が誤認だったとして、謝罪した。
>最古の大嘗宮跡とみられる遺構が見つかったと、今年7月発表していたが、その後の検証で、柱の穴としていた42基中、35基は溝などと判明し、建物や塀が存在したと推定できなくなった
>平城宮跡で大嘗宮跡が見つかっていることから、藤原宮跡にも存在するという仮説を立てて調査に臨んだ。6月に降雨が続いて作業が進まないまま発表、現地説明会を行った

柱跡と想定していた遺構が実は柱跡ではなかったため、建物の存在が想定できなくなったということか。
成果発表を急いでしまったための悲劇なのだろうが「功を焦った」とか言うのは、厳しい意見だろう。考古学の報道発表には慎重さが求められる、ということを証明した事件かもしれない。担当者はさぞ悔やんでいることだろう。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

[News]日本大使、出欠保留…ノーベル平和賞授賞式典

・日本大使、出欠保留…ノーベル平和賞授賞式典(読売新聞)
>オスロで開かれる中国民主活動家・劉暁波(りゅうぎょうは)氏(54)のノーベル平和賞授賞式典に招待された駐オスロ日本大使が、回答期限の15日を過ぎても出欠を「保留」している
>同大使館筋によると、本省からの指示がなく返答できない
>日本は最終的に大使を出席させる公算が大きいが、回答期限に間に合わなかったこと自体が異例

例年もいちいち外務省に確認してから解答していたのだろうか。
今回は中国に気を使った政府が「出るな」と言ってくるかもしれないので回答しなかった、ということなのか。
中国の外圧的要求がなければ、「中国の内政問題に配慮した」とかで逃げることも出来た(それでも国民からは非難囂々だろう)だろうに、なまじ中国から要求があったものだから、要求にしたがっても国民から批判を浴びるという状況に。
ものは外交に関することなので、政府としては出席しないという判断もアリだと思うんですよ。もちろん、それに対して国民は意見を言うことが出来る、という前提で。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

[News]ポカホンタスが結婚した教会を発見

・ポカホンタスが結婚した教会を発見(National Geographic)
>「泥壁の狭い造りだが、採光は良かったようだ。ポウハタン族酋長の娘ポカホンタスとジョン・ロルフは、かつてここにあった教会で1614年春に結婚した。その後8年間は争いもなく穏やかな時間が流れた」
>当時、入植地を統治したサー・トーマス・デイルは1614年6月の書簡で、婚礼について次のように記している。「酋長の娘と聡明なイギリス人紳士が教会で結婚した。私宛の彼の手紙にもあるが、これでインディアンと入植者を結ぶ絆がまた1つ増えたことになる。安定した平和が訪れるだろう」

発掘調査の成果が歴史資料で裏付けされるのは素晴らしい。
史跡整備すれば観光名所になるんじゃないかな。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]ウィリアム王子、ケイトさんと来年結婚

・ウィリアム王子、ケイトさんと来年結婚(産経新聞)
>チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃の長男で王位継承順位2位のウィリアム王子(28)が恋人のケイト・ミドルトンさん(28)と婚約し、来年春か夏にロンドンで結婚式を挙げると発表
>ロイヤルウエディングの発表にキャメロン首相は祝意を表明、英国民も沸き返っている。

イギリスには、チャールズ皇太子は王位に相応しくないウィリアム王子を次の王に!というような世論もあるらしいから、お祭ムードになりそう。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

[News]新種のトカゲ、ベトナムの料理店で発見

・新種のトカゲ、ベトナムの料理店で発見(National Graphic)
>ベトナム料理で人気のトカゲが実は新種(学名:Leiolepis ngovantrii)だったと判明した。しかもすべての個体がメスで、オスとの交尾を必要とせず単為生殖する
>トカゲ全種のうち約1%は単為生殖により繁殖できる。メスが自発的に排卵し、遺伝情報がまったく同じ子を産む
>「ベトナムではごく普通の食材だ。南部のメコン・デルタ地帯のレストランでメニューに載っている。われわれも店内で出会った」

普通に食べられているものが実は新種だった、ということか。
このトカゲ、どこかで養殖してるのだろうか。それとも野生のを捕まえてくるのかな。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

[News]古代都市の子孫は免疫系が進化?

・古代都市の子孫は免疫系が進化?(National Geographic)
>「都市に住むと病気に接触する機会が増えるなら、時が経過する間に病気への抵抗力も自然と発達するのではないか」
>「感染症を生き延びた人々は、子どもを作り病気への耐性を持つ遺伝子を伝える可能性が高まる。したがって、何千年も前から都市化されていた地域の人々は病気への抵抗力がより強いはずだ」
>アナトリア地方に住むトルコ人や南部スーダン人など、ヨーロッパ、アジア、アフリカの特定地域と長い関わりがある17グループのDNAサンプルを検査

この仮説は面白い。それをデータで証明してしまうというのもすごい。
「都市」の定義が問題になりそうだけど、古代都市に住む人ほど特定の病気への抵抗力が高いというのは面白い。
反面、記事中でも指摘されているように、それ以外の病気に免疫がなかったりとかするというのも面白い。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

[News]通学路でハブ退治 大宜味村、170センチ超大物

・通学路でハブ退治 大宜味村、170センチ超大物(琉球新報)
>体長170センチを超すハブを区内で退治した。ことし6匹目
>親類宅のブロック塀でハブを発見。いつも車に積んでいるというハブ退治棒で撃退

先日40センチクラスのマムシに出会って恐怖したが、さすがハブの本場は違うなぁ。
170センチ超で史上最大とか歴代○位とかでないところに本場の凄みを感じる。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]ノーベル平和賞、出席するな…中国が各国に圧力

・ノーベル平和賞、出席するな…中国が各国に圧力(読売新聞)
>中国民主活動家・劉暁波氏(54)のノーベル平和賞授賞式典への出席を見合わせるよう、中国政府が各国に圧力をかけている
>複数の国の外交官が「彼は犯罪者で、ノーベル賞授与は中国への内政干渉だ」として出席を控えるよう求める公式書簡を中国大使館から受け取った
>式典で劉氏支持の声明を出さないようクギを刺す文書もあった。

中国は必死になってるなぁ。日本にも圧力がかかってるのだろうか?
これで出席しないとか言い出したら、媚中政権の民主党の支持率はますます下がっていくんだろうな。
posted by 秋芳 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

[News]『100万回生きたねこ』作家の佐野洋子さんが死去

・『100万回生きたねこ』 作家の佐野洋子さんが死去(OriconStyle)
>人生や愛について綴った『100万回生きたねこ』(1977年/講談社)は子供から大人まで親しめる図書として178万部のロングセラーとなっており、海外絵本の訳本もある。
ご冥福をお祈りします。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。