2010年10月19日

[News]妻子への暴力容認=「跡が残らないなら」−UAE最高裁

・妻子への暴力容認=「跡が残らないなら」−UAE最高裁(時事通信)
>アラブ首長国連邦(UAE)の最高裁は最近の判決で、男性による妻子への暴力について、体に跡が残らない程度なら、「しつけ」の一環として容認されるとの判断
>裁判長は判決文の中で「(法は)夫に(しつけるための)権利を認めているが、限度を守る必要がある」と指摘。

最高裁でこの判決と言うのだから、恐ろしい国だよアラブ首長国連邦。こんな国には住みたくないし、生まれたら地獄だと思う。特に女性。
日本に対しては何かと「人権!人権!」と言ってくる国連の人々(主に韓国人事務総長)は、こういうときにこそ仕事をするべきだと思う。
posted by 秋芳 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]3万年前の人類、「パン」を食べていた可能性

・3万年前の人類、「パン」を食べていた可能性=研究(REUTERS)
>3万年前の粉をつくる石器に残されていたでんぷんの粒から、当時の人類が初期の平らなパンを食べていた可能性のあることが分かった。
>旧石器時代にヨーロッパにいた人類が、じゃがいもに似た植物の根をすりつぶして粉にし、パン生地を作っていたと考えられる
>これまでの研究では、イスラエルの約2万年前の遺跡で小麦をすりつぶした石器が見つかっており、パン作りの最古の証拠だとされていた。

縄文時代のどんぐりパンなどは馴染みがある話だが、3万年前とは。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

[News]T・レックスは共食いしていた?

・T・レックスは共食いしていた?(National Geographic)
>「この跡は大きな肉食動物に付けられたものに違いない。化石の恐竜たちが死んだ6500万年前の北アメリカには、これだけの打撃を与えられるほど体が大きく、歯が強力だったのはT・レックスしかいない」
>傷跡が残る骨の1つがT・レックスのものだったのだ。これは共食いの明白な証拠である。
>T・レックスの噛まれた跡は殺害の証拠か、それとも単なる死骸漁りなのか。

腹が空けば、そういうこともあったんだろうな。やはり、弱い個体から先に食べられていくんだろうか。
生きているティラノをティラノが襲ったのか、ティラノの死骸を齧っただけなのかで、大きく意味合いが変わってくるものだと思う。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]「すごい……」 美少女ロボ「未夢」のダンスに驚嘆

・「すごい……」 美少女ロボ「未夢」のダンスに驚嘆(IT Media NEWS)
>美少女ロボット「HRP-4C 未夢(ミーム)」が披露した歌と踊りは想像以上のなめらかさ。
>日本人女性型ロボットで、身長は158センチ・体重は43キロ。体型は日本人青年女性の平均値を参考に作られており、人間に極めて近い動作が可能

動画もアリ。動きます。踊ります。
これはなかなか。一緒に踊ってる人間と比べると違和感があるけれど、ロボットもここまで来た、と言う感じ。
体重43キロと言うのもオドロキ。これ、動力とかも内蔵されてこの重さなのかな。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

[News]反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織−香港紙

・反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織−香港紙(時事通信)
>中国政府は「一部の大衆が日本側の誤った言動に義憤を表明した」(外務省スポークスマン)と説明しているが、実際には官製デモだった
>「各大学の学生会が1カ月前から準備を開始した」「校内で日本製品ボイコットの署名活動も行った」

まぁ、そんなことだろうとは思いましたが、1か月も前から準備するということは、対日への強硬姿勢は規定路線なんでしょうね。尖閣の事件で突然、ということではないと。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

[News]ドイツ初のヒトラー展=写真やポスターなど1000点−ベルリン

・ドイツ初のヒトラー展=写真やポスターなど1000点−ベルリン(時事通信)
>ナチス総統ヒトラーに焦点を当てた特別展「ヒトラーとドイツ人」が始まった。ヒトラーをテーマとした本格的な展示は第2次世界大戦後のドイツで初めて。
>「史実に対する正しい理解を広めるのに展示は必要」と開催に踏み切った博物館の英断を評価

ドイツは全ての責任をヒトラーと(ナチス)に背負わせ、熱狂していた人々までもがそ知らぬ顔でヒトラーを悪魔だったと非難する。
ヒトラーがどのような人物であったのか、という観点であれば有能な政治家であった部分を抜きにすることはできないだろうし、当時のドイツが置かれていた状況やドイツ人の心情も考慮しなければならないだろう。
ヒトラーとナチスの行為を正当化する気はないが、ナチス・ドイツとは何だったのか?を考える点で今回の特別展が開催されるのは素晴らしいことだと思う。
できれば話したくもないし見たくもない、ドイツという国と国民の過ちを真摯に見つめることができるならば、素晴らしいことだと思う。
また、同様の視点は日本人にも求められるものだとも思う。国と国民が、あの戦争とは何だったのかを考えることは大切なことだ。それは天皇や軍部にのみ戦争責任を背負わせるものではなく、単なる善悪の論争でもない。批判も擁護も交えず、客観的事実と史実から考えることが大切だと思う。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]尖閣問題で反中集会=中国大使館に抗議−東京

・尖閣問題で反中集会=中国大使館に抗議−東京(時事通信)
>尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり中国に抗議する集会「中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動」
>主催者側によると、約3200人が参加
>「尖閣諸島は日本固有の領土であり、領土問題は存在しない」とした抗議文を大使館のポストに入れた。

こちらは日本での反中デモ。前回は日本政府への抗議だったが、今回は中国への抗議。
posted by 秋芳 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]中国で数万人反日デモ、日系スーパーに被害

・中国で数万人反日デモ、日系スーパーに被害(読売新聞)
>学生らは「日本製品を買うな」などと書かれた横断幕や国旗を掲げながら、市内のイトーヨーカドーの春煕店や伊勢丹に向けて移動を開始。同2時20分ごろに店舗を取り囲み、「釣魚島を守れ」「日本は出て行け」などとシュプレヒコールをあげた。
・政府、中国に警備強化と邦人の安全確保要請(読売新聞)
>「邦人の安全確保と正常な経済活動を行える状況にしてほしい」と重ねて申し入れた。
・中国外務省、反日デモに「理解」と談話(読売新聞)
>「一部の群衆が日本側の一連の誤った言行に義憤を示すことは理解できる」との談話
>「法に基づいて理性的に国を愛する熱情を表現しなければならず、非理性的で法規に違反する行為には賛成しない」

日本での反中デモは報道されないのに、中国での反日デモは大きく取り上げられる不思議。
建前はともかくとして、中国政府は反日運動を抑制する気はなさそうだね。デモに理解を示しつつ、違法行為には賛成しない。賛成しない?厳格に処罰するとかでないあたりが……ね。現地の警察は、日本人が襲われるのをニヤニヤしながら眺めてるだけ、とかになりそう。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

[News]ローマの「コロシアム」、来週から地下部分を初公開へ

・ローマの「コロシアム」、来週から地下部分を初公開へ(REUTERS)
>古代ローマの円形闘技場コロシアムの地下部分が、来週から初めて一般公開される
>初公開となる地下部分には、ライオンやトラを入れておく牢や、それら猛獣と命懸けで戦う剣闘士らが待機する部屋があった。

これは一度見てみたいものだ。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]寄付:遺産13億円を神戸市に 106歳で死去の元教師

・寄付:遺産13億円を神戸市に 106歳で死去の元教師(毎日jp)
>遺言に基づくもので、内訳は現金約11億3000万円と、同区の土地・建物計3カ所(約1億4000万円相当)。
>遺産の大半は置塩さんが兄から引き継いだもの。00年に作成した遺書に「兄に神戸市へ寄付の思いがあった。使途は指定しないが、神戸市が有効に活用することを望みます」と記されていた。

お兄さんは何をされていた方なんだろう?子供さんとかがいなくて、今回寄付された弟さんに遺産が相続されたということなんだろうが、すごい額である。
それにしても桁違いの寄付。神戸市にはぜひ有効活用していただきたい。
posted by 秋芳 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

[News]ストーンヘンジに葬られた地中海の少年

・ストーンヘンジに葬られた地中海の少年(National Geographic)
>少年は90個ほどの琥珀のビーズをつなげた首飾りを身につけており、約3550年前に埋葬された
>少年の歯に含まれる酸素とストロンチウムの同位体が測定された。この2つの元素の同位体の構成比率は、気候や地質条件により変化する。樹木の年輪のようにヒトの歯にも1年ごとにこれらの条件変化の痕跡が記録されるので、出身地の絞り込みが可能

歯から出身地がわかるというのはすごい。
ストーンヘンジは埋葬に関係するもの(つまり墓のようなもの)とする説はあるが、5キロも離れていては……
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]ヘロデ王の貴賓席:天国への階段

・ヘロデ王の貴賓席:天国への階段(National Geographic)
>ベツレヘムの南方にヘロデ王の複合宮殿として築かれた人工の山ヘロディウム。その麓の円形劇場には、王の観劇のための貴賓席が置かれている。
ヘロデ王の宮殿、ヘロディウムの調査は着実に進んでいる様子。
この写真は普通に空撮しただけなのだろうか?

・ヘロデ王の貴賓席:鮮やかな内装(National Geographic)
>へロディウムにある観劇用の“VIP席”には、窓を描いた壁画と彩色ブロック、そして仕切壁(中央)が残っている。
・ヘロデ王の貴賓席:ローマの影響(National Geographic)
>劇場の貴賓席を彩っていた、フレスコ画と複雑な装飾の一部。

posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

[News]芥川賞・直木賞、選考委員追加へ〜島田雅彦氏、伊集院静氏・桐野夏生氏を選出

・芥川賞・直木賞、選考委員追加へ〜島田雅彦氏、伊集院静氏・桐野夏生氏を選出(Oricon)
>第142回の直木賞選考会は10名で行われていたが、委員の1人である五木寛之氏が受賞作の論評ミスを理由に、平岩弓枝氏が「後進の方にバトンタッチしたい」という意向により今年3月に退任を発表。また、4月に井上ひさし氏が死去したため、7月15日に開催された第143回直木賞選考会時には7名となっていた。
>芥川賞選考委員は池澤夏樹氏、石原慎太郎氏、小川洋子氏、川上弘美氏、黒井千次氏、高樹のぶ子氏、宮本輝氏、村上龍氏、山田詠美氏、島田雅彦氏の10名。直木賞選考委員は浅田次郎氏、阿刀田高氏、北方謙三氏、林真理子氏、宮城谷昌光氏、宮部みゆき氏、渡辺淳一氏、伊集院静氏、桐野夏生氏の9名となる。

このふたつの賞の選考委員は、ご本人が辞意を表明するか死亡されるかしないと辞めることがないという。それはまぁ、ありがちな話だが、選考委員の中には、もう何年も小説なんて読んでないと公言し、ノミネート作すらロクに読まない方がいるとも。
この手の話がどこまで本当かはわからないが、選考委員に新しい風が吹き込むのは良いことだと思う。
個人的には、最近の芥川賞がサッパリなので、島田氏が存在感を示してくださることに期待したい。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]尖閣の中国名表示削除を…グーグルに自民要請

・尖閣の中国名表示削除を…グーグルに自民要請(読売新聞)
>グーグルマップ上では、尖閣諸島と同諸島の魚釣島について、それぞれ中国名の「釣魚群島」「釣魚島」が併記されている。
>「中国と領有権問題が存在する領域であるかのごとき表記で誤りだ」として、日本語表記のみにするよう求めた。

いやいや、領有権問題が存在する領域ですよ、現実問題として。その上で、正当性はわが国にあり、単独表記にして欲しいと要請すべき。
現状を見れば、領有権問題はないなんて言っても、誰も信用してくれないでしょう。そのあたりがズレてるんだよな。領有権問題があることを認め、その上で中国ともその他の国とも外交をすべきだし、正当性を裏付ける論拠を持って主張すべき。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]新種の肉食哺乳類:24年ぶり

・新種の肉食哺乳類:24年ぶり(National Geographic)
>ネコほどの大きさで「みすぼらしいフェレット」あるいはマングースのような風体
>自然保護活動家だった故ジェラルド・ダレルにちなんでダレルズ・ボンツィラ(Durrell's vontsira)と名づけられた。
>新種の肉食動物が発見されるのは非常に珍しいという。「新種の草食動物が発見される確率の方が大きい。なぜなら草食動物の方が多いからだ。肉食動物の方がずっと特殊で、生息密度も低い」

写真あり。マングースに似ているらしい。
posted by 秋芳 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

[News]ローマ時代のヘルメット:3億円で落札

・ローマ時代のヘルメット:3億円で落札(National Geographic)
>西暦1世紀後半から2世紀のローマ時代の作とみられるヘルメット
>オークションで、約360万ドル(2億9500万円)の高値で落札
>イングランド北西部カンブリア州の平原で2010年5月、トレジャーハンターが金属探知器で探り当てた逸品

写真あり。実用品というよりは装飾品なのかな。
これが金属探知機で見つかる平原というのもすごいし、見つけたトレジャーハンターもすごい。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]「マネー、マネー」銃?突きつけ3700万円奪う さいたま市の景品交換

・「マネー、マネー」銃?突きつけ3700万円奪う さいたま市の景品交換所(産経新聞)
>銃のようなものを突きつけて、「マネー、マネー、早く早く」などと脅した。交換所内にあった現金約3700万円を持っていた袋に入れさせ、バイクで逃走した。
マスコミとしては、パチンコの景品交換所になぜか大量の現金が、って点はスルーするしかないよね。周知の事実で法的なグレーゾーンって認識のない人も多いだろうし。
しかし、パチンコ景品交換所には金が唸ってるんだなぁ。今回の事件を見て、ここは狙い目!って犯罪者が増えそう。警備とか強化しないと危険じゃないかな。
posted by 秋芳 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

[News]将棋ソフトが初勝利 清水市代・女流王将を下す

・将棋ソフトが初勝利 清水市代・女流王将を下す(産経新聞)
>公の場で、コンピューターが日本将棋連盟(米長邦雄会長)の棋士を打ち破ったのは初めて。
>早ければ半年後にも日本将棋連盟が指名する男性棋士に挑み、さらに勝てば最高峰の羽生善治名人(王座・棋聖)か渡辺明竜王と対局する見通し。

チェスに続き将棋でも、人類はコンピュータの演算能力に敗れるのか……
女流王将とは言え、一般プロ棋士ではないし実力はプロ4段程度ということなので(プロ棋士になれない女性が「女流」という枠組みへ分かれていく)、今後の高段位棋士との対局に興味津々。
すべてのルートを試行する機械の演算能力を、人間の発想はどこまで凌ぐことができるのか。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

[News]拘束の高橋さん帰国=長期化「ビデオ撮影と推測」−保釈金5万元、フジタで会見

・拘束の高橋さん帰国=長期化「ビデオ撮影と推測」−保釈金5万元、フジタで会見(時事通信)
>軍事管理区域に侵入し、ビデオ撮影したとして拘束
>侵入を認めて謝意を示した始末書など三つの書類を提出。9日に保釈金5万元(約60万円)をカードで支払い、釈放された

保釈金を払ったのか。
これによって、在中企業の日本人を難癖つけて拘留し、保釈金を得るというビジネスモデルが確立されたかもしれない。
中国の軍事施設内に侵入したためとなっているが、これはマユツバ。カメラ内に建物や看板が写りこんでいるだけでも通用する。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]「雪男」追跡チームの追加メンバーを募集 中国研究団体

・「雪男」追跡チームの追加メンバーを募集 中国研究団体(CNN.co.jp)
>中国・湖北省で「野人(イエレン)」と呼ばれる伝説の動物を追う研究団体HWMRAが、世界中から新たなメンバーを募っている。
>団体メンバーの考古学者によると、新たな調査には少なくとも150万ドル(約1億2300万円)の費用がかかるとみられ、さまざまな企業や組織に寄付を呼び掛けている
>直立歩行する動物で人間よりはるかに背が高く、全身が毛で覆われている。これまでの調査で毛や足跡、排せつ物、すみ家などが見つかったとされるが、決定的な証拠にはなっていない

忘れた頃にやってくる中国のUMA「野人」の話。
これまで確認された証拠というのが、どうにも胡散臭くていけない。研究費用の寄付を得るためのパフォーマンスではないか、という疑問が頭をよぎる。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。