2010年12月15日

[News]渡辺竜王が4勝2敗で防衛、7連覇達成

・渡辺竜王が4勝2敗で防衛、7連覇達成(読売新聞)
>将棋界の最高位を争う第23期竜王戦(読売新聞社主催)、渡辺明竜王(26)と挑戦者・羽生善治名人(40)の七番勝負第6局(中略)渡辺が146手で勝ち、4勝2敗で防衛、竜王連覇記録を7に伸ばした。
>七つのタイトルのうち、六つの永世称号を持つ羽生は、2期前に続き永世竜王の獲得で史上初の「永世七冠」を狙ったが、またも渡辺に阻まれた。

「7大タイトル永世名人」という前人未到の偉業は、またも現竜王に阻まれた。やるなぁ。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]スタジオジブリ:新作は吾朗監督で「コクリコ坂から」 宮崎駿監督愛読の少女マンガ

・スタジオジブリ:新作は吾朗監督で「コクリコ坂から」 宮崎駿監督愛読の少女マンガ(毎日jp)
>高橋千鶴さんの少女マンガ「コクリコ坂から」がアニメ化されることが15日、明らかになった。「ゲド戦記」の宮崎吾朗監督で、横浜を舞台に女子高生の初恋物語が描かれるといい、11年の夏公開予定。
原作は往年の名作らしいが未読。今度読んでみよう。
映画化に関しては吾朗監督というのが不安要素。『ゲド戦記』があの出来だったからなぁ……
posted by 秋芳 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

[News]メソアメリカ最古のゲーム盤を発見?

・メソアメリカ最古のゲーム盤を発見?(National Geographic)
>粘土床に複数開けられた謎の穴が見つかっている。(中略)ローマ字の「C」の形に配置された穴はサイコロを使ったゲームの“スコアボード”だった可能性がある
>1500年代にはアステカ、1800年代にはメキシコ北部のタラウマラで、先住民のゲーム盤遊びが確認されている。

・謎の穴、古代メキシコのゲーム盤?(National Geographic)
・遊び方、古代メキシコのゲーム盤?(National Geographic)
>「まず石を並べ、次にアルファベットの“C”の開いた部分の前に2人座る」と彼女は説明する。プレーヤーは1本の棒を投げる。これがワラパイ族の“サイコロ”である。棒には平らな面と丸い面があり、それぞれ点数が決まっている。出た点数に従って石を三日月型に沿って進め、反対の端に先にたどり着いた方が勝ちとなる。
下の記事には現場写真もあり。双六っぽいゲームは太古から世界各地で行われていたようだ。エジプトの神様の中にはボードゲームを司る(と信仰された)神様もいたようだし。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]原発事故のチェルノブイリ観光を解禁へ ウクライナ

・原発事故のチェルノブイリ観光を解禁へ ウクライナ(CNN.co.jp)
>ウクライナは史上最悪の原発事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所周辺の立ち入り制限を解除し、2011年に観光地として正式に開放する方針
>一帯のバックグラウンド放射線は現在でも通常値を大幅に上回る。しかし、立ち入り禁止区域内は野生生物が戻り、ゴーストタウンと化したプリピャチの町でも樹木が再生している

未曾有の事故だっただけに人体への影響が安全かどうかに不安が残るものの、これは大きな観光資源になりそう。世界遺産も視野に入れていけるのではないだろうか。
チェルノブイリで、どのような事故がどうして起ったのか。現代史に残る国際的大事件として記憶され、受け継がれていかなければならない出来事だと思う。
posted by 秋芳 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

[News]ストーンヘンジ、巨石の運搬方法に新説

・ストーンヘンジ、巨石の運搬方法に新説(National Geographic)
>これまでの考えでは、つき固めた地面の上に切り出した丸太を並べた“木製ローラー”や、油を引いた木製レール上で巨大な木製そりを滑らせる方法などが提案されている。しかし、ローラー用の通路を固めた場合に証拠として残るはずの溝はまだ発見されていない。そりのアイデアもある程度の信憑性はあるが、膨大な労働力を要する。
>溝付きのレールに複数のボールを並べ、その上で巨石を転がすという新説を提案
>「そりの手法の発展形のようだが、レールを敷くにはもっと高度な技術が必要になる。すべて同じサイズのボールを作るのも大変な作業だ。動物性油脂を使えばボールは必要ないのではないか」

諸説ありますが、実際はどうやって動かしたんでしょうね。
更なる新説と物証(遺構とかデータとか)の登場に期待したいところ。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

[Novel]鈴木光司『鋼鉄の叫び』

[amazon]鈴木光司『鋼鉄の叫び』
50年の時を隔てた戦時下と現代の日本で、時代と集団の空気に逆らい、それぞれ立ち上がった二人の男たちは、どう生き延びるのか?家庭、軍隊、職場にあって、死、幸福、不安のあいだで大いに揺れる人間を描く長編大作。
評価=★★★(3.0/5.0)
アッチへ行ったりコッチヘ行ったりで、ストレートに物語を捉えることが出来ないのが、読んでいてもどかしく感じた。どのような形で物語を着地させるのかに興味があったが、唐突さばかりが目についてしまい、あまり巧い着地には思えなかった。特攻への非難でも賛美でもなく、淡々と当時の出来事を描写しようとしているのには好感が持てたが、物語としては少々読みづらかった。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

[Movie]TV『GOEMON』

[amazon]DVD『GOEMON』
伝説の大泥棒、石川五右衛門。ある夜、彼が盗み出した箱には、信長暗殺の首謀者が秀吉であった事実が封印されていた。その秘密が暴かれた時、過去が再び動き出す。霧隠才蔵との友情や、茶々との秘めた恋。そして、秀吉、三成、家康との時代を巡る壮絶な物語が幕を開ける。
評価=★★☆(2.5/5.0)
録画してあったTV放送を視聴。
史実や時代考証を無視したアクションものとしては、まぁまぁ見られるような内容。「戦国BASARA」みたいなものだと思えば、割り切って楽しめるかもしれないが、「時代劇」という表現にも無理があると思う。個人的には、石田三成のスタンスがにどうしても違和感が。
posted by 秋芳 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・映像・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

[News]北方領土「返還反対」が8割 露世論調査

・北方領土「返還反対」が8割 露世論調査(産経新聞)
>領土問題の解決方法について「四島をロシア側に残して協議をやめる」とした人は79%で2005年から6ポイント増。「解決を後の世代に委ねる」は5%、「共同統治」は4%で、「4島引き渡し」「2島引き渡し」は各2%
>メドベージェフ大統領が11月に国後島を初訪問したことについては82%が「正しい行動だ」
>ロシアの46地方で1600人に対して行われた。

わずか2%とはいえ、「4島引き渡し」が32人もいることに驚き。ロシアのどのあたりに住んでいるかで、認識もかなり変わってきたりするのだろうか。
圧倒的大多数である「4島を領有し協議停止」と解答した人々が、ソ連がどのような経緯で4島を領有するようになったのかを知っているのだろうか。そこに興味がある。ロシアとしては、第二次大戦時の対日参戦や条約反故の正当性を得るためにも、当時の日本は非道であったとしなければならない背景もあるのかもしれない。
posted by 秋芳 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]牽牛子塚古墳は斉明天皇陵か、実証の小古墳発見

・牽牛子塚古墳は斉明天皇陵か、実証の小古墳発見(読売新聞)
>女帝・斉明天皇(594〜661年)の墓と確実視されている奈良県明日香村の牽牛子塚(けんごしづか)古墳(7世紀後半)の隣接地から、孫の大田皇女(おおたのひめみこ)の墓とみられる古墳
>日本書紀には、斉明天皇と娘の間人皇女(はしひとのひめみこ)が667年に合葬され、斉明陵の前に大田皇女が葬られたと記されている。

写真あり。着実に調査の成果が上がってる様子。
床石がすごい。これは相当な有力者の墓だと思わせる存在感アリ。
posted by 秋芳 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[News]スーダンでショー出演者に罰金刑、男性の化粧は「下品」

・スーダンでショー出演者に罰金刑、男性の化粧は「下品」(REUTERS)
>ファッションショーでモデルを務めた男性7人に、化粧をしたのは下品だとして200スーダンポンド(約6700円)の罰金を命じた。
>男性らはむち打ち40回と禁固刑を言い渡される可能性もあった。またメイクを担当した女性1人も、同額の罰金を支払うよう言い渡された
>スーダンでは、国連事務所のスタッフだったルブナ・フセインさんが2009年、ズボンを着用したのがわいせつだとして有罪判決を受け短期間収監されており、この件は国際的な批判を浴びた。

国が変われば文化が変わり文化が変われば法律も変わるものだが、下品だと罰せられるというのは釈然としないものがある。だいたい、どういう理由で男性の化粧やズボンの着用が禁止されているのか。法律や行政の基盤を宗教においているから、この手の理解しがたい法律が存在するのだろうか。
posted by 秋芳 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。